風しん抗体検査

リタイア後

GW前に自治体から「成人男性への風しん抗体検査・予防接種のお知らせ」が届きました。自分には必要なことだろうと思い、実際に病院で抗体検査のための採血まで行なってきたので、その経過を記録します。

自治体からクーポン券が届く

GW前のある日、自宅に住んでいる自治体から「成人男性への風しん抗体検査・予防接種のお知らせ」が届きました。封筒には風しんの予防接種に関する案内とクーポン券が入っています。参考までに案内の冒頭に記載されている文章を転記します。

風しん抗体検査及び風しん第5期予防接種事業が、令和7年3月末まで延長されました。

・風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和34年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。

・抗体検査未受診の方は、クーポン券を利用して、抗体検査の受診をお願いします。抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。
なお、令和元年度から令和3年度に、対象者へ送付したクーポン系は、令和5年2月まで使用可能です。

自治体から届いた「成人男性への風しん抗体検査・予防接種のお知らせ」より引用。赤字・下線は原文ママ

昭和34年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、公的な予防接種を受ける機会がなかったとのこと。私はこれに該当しますね。

風しん(風疹)とはどんな病気?

病名は聞いたことがあるけれど、詳しく知らなかったのでGoogle検索。逓信(ていしん)病院さんの記事が参考になったので以下引用しておきます。

■風疹ってどんな病気?
風疹とは、風疹ウイルスによっておこる急性の発疹性感染症(ほっしんせいかんせんしょう)です。主な症状は発疹、発熱、リンパ節の腫れなどです。
まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症が、2,000人から5,000人に1人くらいの割合で発生することもあり、軽視できない病気です。

■妊婦の方は特に注意が必要
妊婦の方、特に妊娠初期の女性が風疹にかかると、胎児が風疹ウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の障害をもった赤ちゃんが産まれる可能性があります。
これらの障害を先天性風疹症候群といいます。平成25年8月29日時点で、既に全国で12人のお子さんがこの病気にかかってしまったと報告されています。

■治療について
現在、風疹には特効薬がなく治療は対症療法が主となります。1週間程度安静にするのが一般的です。

逓信(ていしん)病院のホームページより引用

風しんにかかってしまうと、それなりに苦しい思いをしそうです。これを機に抗体検査をして、必要であればワクチン接種したいと考えました。

抗体検査・予防接種までの流れ

案内文に記載がありますが、ここでも簡単に記載しておきます。

クーポン券が届く

自治体から抗体検査・予防接種のクーポン券が郵送で届きます。

抗体検査

医療機関で抗体検査を受けます。抗体検査・予防接種を受けられる医療機関のリストは厚生労働省のホームページで確認できます。リンクを貼っておきますので、お住まいの地域を選択して医療機関を確認しましょう。医療機関によっては予約が必要な場合がありますので、事前に問い合わせてみましょう。

【厚生労働省】風しんの追加対策について

医療機関では抗体検査のために採血を行いますが、結果は1週間程度で出るようです。抗体検査や予防接種の費用は無料。

抗体検査の結果がわかったら

抗体ありの場合

風しんへの抵抗力があるので、予防接種は不要です。

抗体なしの場合

風しんへの抵抗力がなく、風しんにかかるリスクがあります。医療機関で予防接種を受けましょう。このときもクーポン券が必要になります。

私の行動

お知らせに入っていた案内文を読み、厚生労働省のホームページで抗体検査及び予防接種が受けられる最寄りの医療機関を確認。医療機関によっては抗体検査は行っているものの、予防接種はやっていないというところもあるようです。

抗体検査・予防接種のどちらも出来る最寄りの医療機関を見つけて、予約が必要なのか、初診でも大丈夫なのかなど、気になる点を電話で問合せ。私が選んだところは予約の必要はなく、クーポン券持参で行けば大丈夫とのことでした。その日のうちに病院へ。

クーポン券を渡すと「風しんの抗体検査受診票」を渡されて必要事項を記入するように指示されます。(厚生労働省が書式を公開していましたので参考までにリンクを貼っておきます。内容が気になる方はご覧ください。)風しんにかかったことはなく、ワクチン接種を受けたこともない、という内容で記入していきます。

記入した受診票を提出すると、他の来院者が少なかったのですぐに声がかかり、医師と受診票の内容確認をした後、採血という流れでした。その後、検査結果の確認方法や陰性だった(抗体がなかった)時の対応について説明があり、クーポン券を返却してもらって終了です。

来院してから15分ほどで終わったのであっという間でしたね。初診でしたが診察券を作ることなく終わりました。

抗体検査の結果(2022.5.23追記)

1週間後に抗体検査を行った病院へ電話で問合せ。結果は陽性で、抗体ができているのでワクチン接種は不要と言うことでした。

ワクチン接種に関する記事は書けなくなりましたが、陰性(抗体なし)の場合は後日指定医療機関でワクチン接種を受けて終了と言う流れなのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました