ギリギリセーフ!公共職業訓練の申し込み

リタイア後

以前のエントリで、私が公共職業訓練を受けるつもりだと書きました。また、雇用保険の手続きの際に公共職業訓練の相談をしようとしたところまで書いていましたが、ここではその後の顛末を書いていきたいと思います。

公共職業訓練の相談前の状況

どのような職業訓練を受けるかは事前に調査し、ハローワークインターネットサービスで募集時期なども確認していました。お目当ての訓練は、離職票が届いたら申し込みを行う予定でしたが、なかなか離職票が届かなかったので、その次に開催されるタイミングで申し込もうと考えていました。ですので、この時は訓練の日程確認をする程度で良いかなと考えていました。

締め切りは今日!?

担当者に公共職業訓練の予定表を見せてもらったのですが、次のタイミングで申し込もうと思っていたお目当ての訓練が載っていません! 受講指示を受けられる期間を教えてもらって、代わりになるような訓練がないか見てみましたが、基礎的な内容のものしかありませんでした。

申し込み可能なお目当ての訓練の募集期間を確認したところ、なんと締め切りが今日!
今から準備して間に合うかどうかわかりませんでしたが、ひとまず願書を頂きました。

幸い、この日は開庁時間に来ていたこともあり、まだ昼前です。自分自身に「大丈夫、まだ慌てる時間じゃない。」と言ってパニックにならないように心を落ち着かせ、願書の作成に取り掛かりました。

記入すべき内容を確認!

まず願書に記入すべき内容を確認します。氏名・現住所・学歴・職歴等々ですが、この場で書けそうです。さらに証明写真の添付(!)が必要でした。

必須事項の記入

願書に必須事項を記入していきます。問題は応募動機でした。公共職業訓練の担当者の方に、応募動機は3~4行書いた方が良いというアドバイスを受けたので内容を考えましたが、言葉が上手く出てきません。ここはGoogle先生に頼るしかないと考え、スマホで記入例を探し、それを参考にしてなんとか書き上げました!

写真はどうする!

雇用保険の手続きの準備の際、コンビニ証明写真「ピクチャン」を利用したことを思い出しました。幸い、その時に撮った写真はまだスマホに残っています。Google検索したところ、そう遠くないところに利用できるコンビニがあると分かりましたので、写真をアップロードしてプリント予約し、早速現地へ向かいました。コンビニでは特にトラブルもなく証明写真をゲット!

ハサミと糊と願書の提出!

願書には写真を貼り付けて提出しなければなりませんが、あいにくハサミや糊を持ち合わせていません。ハローワークから自宅までは結構遠いので、わざわざ帰るのは非効率です。コンビニで買えば良いのですが、無駄なものが増えてしまうので、ハローワークで借りられなかった時の最終手段とすることにしました。

コンビニからハローワークに戻り、総合案内で願書提出のためにハサミと糊を借りられないか尋ねてみました。すると、公共職業訓練の担当者の方で貸してもらえるはずだということで、番号札を発行してもらいました。

順番が来たので担当者に事情を説明したところ、ハサミと糊を貸してもらえたので、証明写真を貼り付けて願書は完成! その後、担当者に記入した内容に不備がないかを一通り見てもらいました。

適性検査の予告

願書は提出できましたが、職業訓練を受けるためには適性検査で合格する必要があります。願書提出後は、担当者に日程や場所について説明を受けました。適性検査は今日から約1週間後! 最後に担当者から「頑張ってください!」と励ましの言葉をもらい、この日の手続きは終了しました。

これから

当初は職業訓練の申し込みまで、短くても1か月は時間の猶予があると思っていましたが、訓練の予定が変わっていたため急遽申し込みをすることになりました。あと1日遅かったら適性検査を受けることもできなかったため、その点はラッキーだったと思います。適性検査まで約1週間しか残っていませんが、できるだけ準備をして臨みたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました