引っ越しの見積もり

リタイア前

引っ越しの見積もりを複数の会社から取ったら、最も高いところと低いところで倍以上の差があったこと、営業担当者の対応ってやっぱり大事だね、というお話。

見積もり前の心境

引っ越しについて情報収集していると、複数の会社で見積もりを取ることを勧めていることが多いです。最初は「そこまでやる必要があるのかな?」と半信半疑でしたが、節約に繋がるなら多少面倒でもやってみようと思い立ちました。自分で引っ越し業者から選ぶのは初めてですが、何事も経験です。

一括見積もり

「引っ越し」「見積もり」でGoogle検索すると一括見積の広告が出てきます。概算でも良いので見積もり額を比較し、選定対象とする業者を絞り込もうと考えてSUUMOの一括見積もりを使うことにしました。

入力フォームに従って、住所情報、引っ越し時期、人数、荷物量、連絡先(名前、メールアドレス ※電話情報は任意なので未入力)、見積もりを依頼する引っ越し業者(6個の候補から選んでチェック)、を書いていきます。最後に確認ページが出るので「上記に同意のうえ、この内容で依頼する」のボタンをクリック。

概算見積もりが出てくるのかなと思ったら、これで終わってしまいました。その後しばらくしてチェックを入れた引っ越し業者からメールが届きましたが、訪問見積もりを勧めてくるだけで概算見積もりは無し。私の確認不足もありますが、期待していた結果が得られずにがっかりしました。

【補足】
別の住所で試してみたところ、引っ越し業者をチェックする項目に”概算見積もりご提示”の表示が出ました。私の条件では概算見積もりは出せなかったようです。

方針変更


一括見積もりを利用して、ある程度訪問見積もりを依頼する業者を絞り込もうと考えていましたが、いきなりつまずいてしまいました。先に信頼できそうな業者を探して訪問見積もりを依頼するように方針を変更します。

遠方への引っ越しになるので全国区でサービスを行っているところ、CM等で知っていたところ、レビューサイトで評価の高かったところから以下の4社を複数見積もりの対象にしました。幸い、一括見積もりで候補にしていたところから訪問見積もりの担当者と連絡先の通知がありましたので、これを利用することにします。

複数見積もりの対象と考えた引っ越し業者
アート引越センター
アリさんマークの引越社
サカイ引越センター
ハート引越センター

訪問見積もりを依頼した結果

アート引越センター

CMで社名を歌うメロディーが心地よい業者ですね。一括見積もりの対象にしていたのでメールで訪問見積もりの提案が届いています。希望日時の候補をいくつか挙げて返信。後日確認の電話があり、日程が決まりました。

当日、営業担当者の方が来て運び出す荷物を確認し、見積もり額を提示してくれました。ここまでは良かったのですが、プランの説明や紹介、引っ越し業者が見積もり時に行うべき標準引越運送約款の説明はなく、見積もりもノートPCの画面で見せただけで印刷せずに帰ろうとします。紙の見積書は欲しかったので尋ねたところ、後で郵送すると答えて帰っていきました。他の業者はその場で見積書を出してくれたので後で問い合わせたところ、その時はプリンターが故障していたとのこと(それならその場で言って欲しかった!)。経験が浅い方なのかと思ったのですが、そうではないそうです。期待値が高かっただけに余計悪い印象を持ってしまいました。

ちなみに見積もり額は今回候補とした中では中程度でした。

アリさんマークの引越社

赤井英和さんが登場するCMでおなじみの業者です。実直な印象を持っていましたね。一括見積もりの対象にしていたのでメールで返信が届いていましたが、訪問見積もりの記載はなかったので公式ホームページから依頼をしました。

見積り依頼の入力フォームでは、氏名、電話番号、現住所、引っ越し先住所、メールアドレス、引っ越し人数、引っ越し希望日が必須項目となっています。これらを入力して送信。すぐに見積り依頼受託の返信メールがありました。

後日先方から訪問見積もりの日程について電話連絡があるかと思っていましたが、ありません。どうやらこちらから電話連絡しなければいけなかったようです。顧客優位に考えないところなのかなと感じましたので、この時点で候補から外しました。業者の方からグイグイ来るのが苦手な方には良いのかもしれませんね。

サカイ引越センター

徳井優さんがユニークなキャラクターに扮してリズムに合わせて社名を歌うCMが印象的でした。今は”まごころパンダ”シリーズのCMになっていますね。

こちらも一括見積もりの対象にしていたところですが、反応が一番早くて宣伝メールも多いところでした。訪問見積もりを勧めるメールが届いていたので、希望日時の候補をいくつか挙げて返信。しばらくして先方から確認の電話があり、日時を決定しました。

営業担当者の方は丁寧な方で、運び出す荷物を確認した後、見積書を出し、プランの紹介、約款の説明、自社のメリットの説明をしてくれました。また私が即決しなかったこともあり、値引きの提案もしてくれました。

値引き交渉において、自社が他社と比べて値段が高いだろうと正直に話してくれたことは好印象でした。見積もりの際に頂いたパンフレットは約半分が通販のカタログになっていて、新生活で足りないものを取り寄せるには便利そうです。実際に引っ越し作業する方の訓練(研修)も行っていて、運送面での心配もあまりしなくて良さそう。荷物を傷つけたくないという思いの強い方、お金に余裕のある方には適している業者かなと思いました。

営業担当者が言っていた通り、見積もり額は今回候補とした中で一番高かったです。

ハート引越センター

アリさんマークの引越社の反応が薄かったので候補から外しましたが、せめて3社からは見積もりを取りたいと思っていました。ネットで評価を見ていると、最初に候補とした上記3社の次に高評価だったのがここです。ハート引越センターのことは今回見積もりをするまで知りませんでした。

まずは公式ホームページから見積もりを依頼します。現住所・新住所情報、家財情報、依頼するサービスの内容(荷造り・梱包、開梱、セッティング等)、連絡先などを専用フォームに入力して送信。しばらくして概算の見積もりが記載された返信がありました。先方と連絡を取って訪問見積もりの日時を決定。

ネットの評価が上記3社よりも若干低かったのでちょっと心配でしたが、営業担当者はとても丁寧な方でした。運び出す荷物を確認した後、見積書を出し、プランの紹介、約款の説明、自社のメリットの説明をしてくれます。一番最後に訪問見積もりをしてもらっていて値段が一番安かったのですが、引っ越しの日程を話していると、運送の日数はかかるけれども更に料金が安いプランを提示してくれました。サカイ引越センターが最初に提示してくれた額の約4割(60%ダウン!)です。この差に、複数の業者から見積もりを取っていて良かったと心底思いました。

業者の決定

ハート引越センターで即決しても良かったのですが、他に見落としがないか冷静に考えようと思って改めて見積もり等を比較します。

営業担当者の印象が良かったのはサカイ引越センターとハート引越センターです。ネットでの評価はアート引越センター、サカイ引越センター、ハート引越センターの順に高くなっています。見積もり額はハート引越センターが断トツで安く、次にアート引越センター、サカイ引越センターの順でした。

業者名営業担当者の対応ネット評価見積もり額
アート引越センター〇中程度
サカイ引越センター△高い
ハート引越センター◎安い
アリさんマークの引越社
引っ越し業者比較まとめ

ハート引越センターの見積もり額はとても魅力的です。口コミには「荷物を乱暴に扱われた」と言うような書き込みもありましたが、幸い高級品は持ち合わせていません。梱包をしっかりやれば大丈夫だろうと考えて最終的にハート引越センターを選びました。実際のところ、私の時は荷出しや搬入で荷物を乱暴に扱われるようなことはなく、丁寧に運んでくれました。

【注意!】
あくまでも今回私が経験し感じた内容です。運送距離や荷物量などの条件、実際に担当してくれた方、個人の感じ方で変わってきますので、その点はご了承ください。

自分なりに工夫した梱包方法については後日記事にしたいと思います。
→記事にしました!(2021.4.23追記)

コメント

タイトルとURLをコピーしました