支出の管理

リタイア前

支出の把握で時間と手間がかかると感じた私は、何か良い方法はないかと考えていました。並行して行っていた情報収集で、リタイア者の方が家計簿アプリを使っているのを知り、情報比較を実施。
私が選んだのは「Money Forward ME」というスマホアプリでした。無料版/有料版がありますが、私は無料版を利用しています。

Money Forward ME でできること

Money Forward MEでは、銀行口座、クレジットカード、証券などの金融関連サービスと入金・出金等の情報を連携することができます。他にもAmazonや楽天市場などの通販、ANAマイレージやTポイントなどのポイント、モバイルSuicaやnanacoカードなどの電子マネーといった金融関連サービスとも連携が可能です。連携できる金融関連サービスは2600以上。すごい!

無料版では10件まで連携可能。連携を始めて取得した情報は過去1年分まで閲覧可能です。有料版は制限無しです。有料版は他にも使える機能が沢山ありますが、説明は割愛します。

連携した情報はカテゴリ(例えば、食費、日用品、光熱費など)に振り分けることができて、月毎に自動でグラフ化してくれます。グラフは視覚的に支出の金額が把握できるので分かりやすいですね。

現金払いのものや連携していないものは手入力していきますが、レシートの写真を撮って情報を取り込める機能がありますので、手間が省けて便利です。(上手く取り込めない場合もありますが)

集計した情報の活用方法

集計した情報は月が替わった時に、無駄な支出がなかったか、削減できる支出はないかを確認するのに使います。金額の大きい固定費(電気代、携帯電話料金、生命保険などの毎月支払っているもの)があり、その見直しで支出を抑えることができれば、支出を大きく減らすことができるでしょう。

私はリタイアを機に携帯電話と生命保険を見直して、毎月約1.5万円の支出を削減できました。年間では約18万円になりますね。

支出の項目、金額、日付などを細かく管理する時に家計簿アプリを利用すると、手間が省けて楽になりました。支出の管理が面倒だと感じている方は、家計簿アプリなどのツールを使ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました