物件探し

リタイア前

家族への説明と会社(上司)への説明が無事に終わったので、本格的に引っ越し先の物件探しをすることにしました。今回物件探しをやってみて、大手賃貸サイトやGoogleEarthが便利だと感じましたので、その点を書いていきたいと思います。

大手賃貸サイトで条件の絞り込み

以前のエントリ「早期リタイアの準備」でも触れましたが、物件の情報は主に大手賃貸サイトで集めました。大手賃貸サイトではエリア、賃料、間取り、建物の種類、駅までの距離(徒歩での時間)、築年数など様々な条件で物件を探すことができます。

また、探している物件の条件を決めておいて、その条件に合うものが新たに見つかった場合はメールで知らせてくれるサービス(以下、新着メールサービス)もあります。できるだけ良い条件のものを探したかったので、新着メールサービスは助かりました。

【補足】条件次第ではありますが、新着メールは頻繁に届きます。メールフォルダを物件情報で埋めたくない方は、Gmailなどのフリーメールを使うのも良いですよ。

一例として、私が利用した大手賃貸サイトを上げておきます。他にも東京・大阪などの都市部に強い賃貸サイトがあるようですが、利用していないので割愛します。

キャッシュバックを実施しているところと、そうでないところがありますが、キャッシュバックの額は今後支払っていく家賃等と比較すれば小さいものです。まずはいくつかのサイトで良さそうな物件を探してから、キャッシュバックをしているサイトでも取り扱っているか確認するというやり方がおすすめです。

サイト名備考
SUUMO(スーモ)リクルートの不動産サイト。登録物件数が多いので、まずここから探してみると良いでしょう。
スマイティ価格コムの賃貸情報サイト。キャッシュバックキャンペーンあり。
キャッシュバック賃貸株式会社キャリアインデックスが運営する賃貸情報サイト。サイト名の通り、契約成立でキャッシュバックがある。
ライフルホームズ株式会社LIFULLが運営する住宅・不動産ポータルサイト
いい部屋ネット大東建託グループの大東建託リーシングが運営する賃貸情報サイト
アットホームアットホーム株式会社が運営する不動産情報総合サイト
ホームメイト東建コーポレーションが運営する賃貸物件サイト
大手賃貸サイトの一例

GoogleEarthで周辺環境のチェック

大手賃貸サイトの物件詳細ページにも地図が掲載されていて、ある程度の情報は得られますが、良さそうな物件があった場合はGoogleEarthで周辺環境もチェックしました。高低差の情報が得られるのが良いですね。Googleの地図ではそこまで分からないので。

得られる情報チェックポイント
日当たり物件の向き、南側に大きな建物など日当たりを遮るものがないか
立地物件が崖上、崖下の近くにないか、坂の途中にないか
騒音や眺望大きな道路、線路、川、山、工場、墓地の近くかどうか
道路物件から国道までの経路、道幅(ストリートビューで詳細確認できます)
GoogleEarthで得られる情報とチェックポイント

こだわった条件

リタイア後の生活スタイルは人それぞれですが、私がこだわったのは「駐車場あり」「光回線使用可」「築年数」の3点です。

「駐車場あり」は普段の生活もそうですが、両親に何かあった時にすぐに駆け付けられるようにと考えると必須でした。

「光回線使用可」は、ブログ作成、動画視聴、ネットショッピング、情報収集などを快適な環境で行いたいと思ったからです。

良さそうな物件の中には「インターネット無料」のものもありましたが、快適かどうかは使ってみないと分からない感覚的な部分があります。そのため、回線速度に不満があった場合の乗り換えを考えて、無料とされているネット代が管理費・共益費に含まれたものかどうか、個人で光回線を引くことができるかどうかを仲介業者を通して確認しました。

「築年数」は、直接物件を見ることができないので、備え付けられた設備の良し悪しを評価する指標としました。築浅物件であれば、水回り、空調、防音の面で大きな不満は出ないだろうと考えたからです。私は築年数10年以下を条件としました。

その他注意点

物件を比較していると同じ建物でも複数の仲介業者が取り扱っている場合があります。契約する業者によって、仲介手数料に差があることがありますので、見ておきましょう。

申し込む大手賃貸サイトによってキャッシュバックの有無や金額が異なります。このキャッシュバックはちょっと曲者でして、「最大〇万円キャッシュバック!」とうたっているものは、大抵最大額をもらえません。適用条件を確認して実際にもらえる額を計算しましょう。また、キャッシュバックが契約成立後すぐにもらえなかったり、手続きに手間がかかることもありますので、適用条件をよく確認しましょう。

見積もり依頼

良さそうな物件が見つかったら見積もりを依頼して初期費用を確認します。自分が見落としていた費用がないかもここで確認できます。

物件の決定!

賃貸物件は数多いですが、良い条件のものを選ぼうとすると、該当する物件数はどんどん少なくなっていきます。物件が見つかっても、他の人が先に契約してしまうこともあります。引っ越しのタイミングはほぼ決まっていて、遠方なので直接物件を見ることもできませんから、最後は多少気になる点があっても何かの縁だと思って割り切りました。

この後は大手賃貸サイト経由で仲介業者と連絡を取り契約を交わしていきますが、それはまた後日記事にしたいと思います。→記事にしました!(2021.4.22追記)

コメント

タイトルとURLをコピーしました